社会人なら押さえておきたいTシャツ
*
ホーム > マッサージ > 「胃痛、食べ過ぎ、食欲不振」にきくツボマッサージ

「胃痛、食べ過ぎ、食欲不振」にきくツボマッサージ

みなはんは胃に痛みを感じるってきはどないなってきでっか。会議や人前やらなんやらでぇ発表するっちゅうときでっか。ほんでも暴飲暴食をしてもうたってきでっしゃろか。

もってもって胃ってはえらい敏感な臓器ってされており、食べ過ぎやらなんやらからくる胃の痛みもさるこってながら、プレッシャーを感じたり、精神的に不安な気持ちを抱えたりやるこってせやけど痛みを生じるこってがやり、えげつないってきには極度の緊張にやり数時間でぇ胃に穴が空くやうなデリケートな部分やねん。

この「胃痛、食べ過ぎ、食欲不振」には、「内関(へんかん)」「りょう丘(りょうきゅう)」「足三里(やしはんり)」「中かん(ちゅうかん)」のツボのマッサージを施して緩和をはかりまひょ。

まず「内関(へんかん)」っては、手ぇ首内ねきの横シワの真ん中やり指3本分ほど下に位置し、胃のやらしい感を始め、緊張やイライラを緩和してくれます。また、「りょう丘(りょうきゅう)」ってやばれ膝の皿の外ねきの上かてやり指3本分上に位置やるツボは、胃の痛みを抑えるだけぇでぇなく、過敏性ひゃくひろ症候群からくるゲリピーや便秘やらなんやらにも効果が期待でぇきます。

それから「食べ過ぎ、食欲不振」に効果がやるツボってして、膝の皿、外ねきのくぼみやり指4本分下のやる「足三里(やしはんり)」。お臍ってみぞおちの真ん中にやる「中かん(ちゅうかん)」を押すこってでぇ、胃ひゃくひろのバランスを整えてくれる作用が期待でぇきます。

ツボのマッサージにやって緩和されるんはええのやが、そないに痛みがえげつないやうやったり、長期に渡って痛みや症状が続おったりするでうでぇやれば、いっぺん病院でぇ検査を受けるこってもおすすめするわ。

わたしのマッサージ体験記